今まで飲んだ青汁を思わず返金したくなる効果別青汁比較ランキング

効果別ではない青汁比較サイトが役に立たない理由

 
まず最初に、
 
残念ながら青汁は薬ではありません。
 
 
だから、青汁に薬のような効果を期待しても期待外れに終わってしまいます。。。。。
 
 

そもそも、
 

1週間くらいで目に見えるほどの変化が起きて、
 
効果が実感できるのであれば、

 
すでに病院で処方されています。
 

 
にいうと、
何か体の悩みを治療をしたいのであれば、国から認可を受けた劇的な副作用のない薬を医者から処方してもらって治療をした方がはるかに効率が良く、早く効くことでしょう。
 
 
だから、青汁を飲んでも薬のような効果は期待できません。
 
どちらかというと、青汁はじっくりと時間をかけてあなたの体の悩みを軽減する、または健康維持をする、何らかの病気を予防するという考えを持ってください。
 
 

ただ目的によっては、早い方だと青汁を飲んでから1〜2週間程度で効果を実感できることもあります。


(通常は1〜3ヶ月はかかりますが、これは個人差もありますので、一概には言えません。)
(なんとなく肌の調子が良くなった気がするみたいなことは、2週間くらいで実感できることもあります。)
 

 
例えば、自然にじわじわ便秘解消することが目的だとして、人によってはすぐに効果が実感できる場合もあれば、いくらたっても効果を実感できない場合もあります。
 
だから、青汁に期待する効果に即効性を求めるのであれば、薬を飲んだ方がはるかに早く効果を実感できると思います。
 
でも......

できれば薬に頼りたくない、できれば自然に効果を実感したいという方にとって青汁は、数ある健康飲料の中でも一番優れた飲み物だと言えます。
 
 
「薬の副作用が怖い」「薬に頼らず病気を予防したい」「健康維持のために」という方にとって、青汁は飲むことはベストな選択だと言えます。

 
本音を言うと、生の野菜などを食べ続けることが一番ベストな方法ですが、普段の食生活の中では余程気をつけておかないとなかなか難しいことだと思います。
 
だからといって、スーパーなどで手軽に購入できる野菜ジュースや安価な青汁では、あなたが考えているような効果は期待できません。
 
できれば、通販でも人気あって、口コミでも一定の評価がある青汁を選んだ方が一番の近道でもありますし、そうしたいと考えているのではないでしょうか?
 
でも、どの青汁がいいのかわからないということもあるでしょう。
 
そこで、まずは青汁を選ぶポイントを解説したいと思います。
 
 
 
 

青汁を選ぶポイントは?

 
ではまず、
青汁を選ぶポイントを言います!

 


 

@ 続けるために飲みやすい青汁を選ぶ
 
A 肝心なことは、まず自分の予算内であるか?

 
B 青汁にどのような効果を期待しているのか?

 
 
 

青汁を選ぶときのポイントをこの3点にしぼると、
わかりやすく、選びやすくなると思います。

 

 
 
 

●効果別に見た人気の青汁はこちら↓で紹介しています。

 


飲みやすく、続けやすい青汁はこの3つ

 

便秘解消効果が期待できる青汁はこの3つ

 

ダイエット効果が期待できる青汁はこの3つ

 

美肌効果が期待できる青汁はこの3つ
 
 
 
 

●飲みにくくてもいいので、無添加、国産にこだわりたい方はこちらの青汁がおすすめです。
 

素材にこだわった無添加青汁でおすすめはコレ
 
 
 
 

 
●飲む青汁が苦手な方、面倒くさがりな方でも簡単に体に摂り入れられる
ジェルタイプ、タブレットタイプの青汁はこちら↓で紹介しています。
 
飲む青汁が苦手、忙しいあなたに、ジェルタイプの青汁はこの3つ
 
青汁嫌いでも安心の粒タイプ、タブレットタイプの青汁はこの3つ
 
 
 
 

1番のポイントは飲み続けられる青汁を選ぶこと

 

 
残念ながら青汁は、1日飲んだからとか1杯飲んだからといって、すぐに効果が表れるものではありません。
 
ただ、効果を実感したいのなら、青汁は飲み続けないとまったく意味がありません。
 
でも、毎日毎日おいしくない青汁を我慢して飲み続けられますか?
 
1回飲むだけなら大丈夫でしょう。
 
 
ですが、
マズイものを毎日飲み続けることはしだいに苦痛になっていきます。
 
そして苦痛が嫌になり、最終的には挫折します。

 
 
これは、マズイもの=苦痛を脳が覚えているためで、
まず長続きはしません。
 
 
時にはそれがストレスになってしまい逆効果になることさえもあります。
 
 
 
 
 
 

 

だから、一番はよいのは飲みやすい青汁を選ぶことです。

 
そして、

あなたの目的にあった効果が期待できる青汁を選ぶことです。

 
 
 
 
 
 
でも、
 




 
青汁っていっぱいありすぎて選べない!!
 
ってこんな感じだと思います。

 
 

 

 

青汁を選ぶ基準ってなに?


では、青汁を選ぶ基準ってどういうものなのでしょうか?



 

飲みやすい青汁を選ぶ

 

あなたの予算の範囲内であるか?

 

青汁のどの効果に期待するのか?




 
 
まず、頭のなかで思い浮かべていただきたいのは、この3つです。

 
 
 
じゃあ、その基準を頭に入れてネットで青汁を探してみよう!」という感じでしょう。
 
 
 
 
ですが、ここで注意してください。

 
 
 

ただの青汁ランキングでは意味がない…


 
「青汁 ランキング」や「青汁 比較」、「青汁 効果」というキーワードは、グーグルなどのサジェストキーワードに含まれています。
(サジェストキーワードとは、検索欄に文字を入れていくと先回りして推測した文字が勝手に出てくるヤツです)

 

それだけ多くの方が検索するキーワードなのですが、正直言ってその手のサイトを閲覧しても、あまり役立つ情報は得られません。
 

 

              ...?

 

何故かといえば、
効果、効能が青汁によって分かれているのに、何でもかんでも混ぜ合わせて、目的のないただのランキング、一切効果別になっていないランキングなどをつけることに意味はありません。

 

また、
激安のスーパーなどで売られている青汁を飲んでいたり、ネットや通販で安い青汁を飲んでいるけれど、イマイチ効果が実感できない、効果があるのかがわからないけれど、なんとなく続けて飲んでいる…などの方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

 

 


もし、貴方が健康のためにだけに青汁を飲むのであれば、食物繊維の豊富なものを選べばいいでしょうし…便秘であれば、不溶性食物繊維の含まれているものを探す必要があります。

 

 

 

 

 

的に合った、自分に合う青汁を見つけよう!

 

要するに、それぞれの目的に合った、効果が期待できる青汁を見つけてくださいということです。

 

 

では、
 
ランキング以外で紹介されているもの。
特にブログなどの効果が赤裸々に書かれたものはどうなのか?

 


あまりこちらも信用性がありません。

 

 

 

なぜなら、すぐに効果が出たなど、即効性があまりにも書かれているものは、

ブログの筆者自体飲み続けていない可能性が高いのです。

 
 
何度も言いますが、
青汁は薬ではありません!
 
1週間程度で目に見える効果が表れるのであれば、
すでに病院で処方されています。

 

だからすぐに効果が表れるようなことはまずありません。

 

 

 


いうことで…。

 

青汁を選ぶポイントをもう一度言います!
(しつこい…?)
 
 

@ 飲みやすい青汁を選ぶ



 
A 自分の予算内であるか?



 
B 青汁にどのような効果を期待するのか?




 
以上の3点です。
 
 
 
 

青汁の本当の効果はどうなの?

 
さん青汁って、頭では何となく体に良いことはわかっているかと思います。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

は実際に、

青汁ってどんな効果、効能、作用があるのでしょうか?

 

 

青汁にはどんな効果があるかご存知ですか?

 

ちらのサイトでは、青汁を飲むことで期待できる効果について、ご案内をしています。

 

康だけではなくて美容にも良いのはもちろんですが、中にはこんなものにまで効果があるの?なんていう意外な効果を発見できます。
 
 
た、原料によっても、その効果は違ってきますので、それぞれ原料別でもご案内していきます。
 
 
きっとあなたも青汁を試したくなるはずです。
 
 
 
また、今までなんとなく体や健康に良いだろうと思って、青汁を飲んでいたけれど「他の青汁の方が効果がありそう!」と感じるはずです!
 
 
そして、青汁の素晴らしさを実感した瞬間に、きっと青汁なしではいられない、
NO 青汁! NO LIFE!の生活になっているはずです。
 

 
 
 

今なぜ青汁が人気なのか?

 

ドラッグストアの健康食品販売コーナーを見てみると、青汁の商品がズラリと並んでいる光景をよく目にします。

 
 

これは、全国に青汁ファンが増加している証なんです。

 

 
今や青汁は健康食品の代表格と言ってもいいほどです。
 
 
 
 

青汁が消費者物価指数に追加されました

 
その証拠としては、国が報告している2015年7月の消費者物価指数の中に、
青汁とコンビニの淹れたてコーヒーが追加されました。
 
これは青汁が、消費者市場でコンビニの淹れたてコーヒーと肩を並べるくらいの売り上げレベルで推移している証拠です。
 
これは、通販や店頭販売も含む青汁の売り上げ統計から算出されています。
 
 
効果があるのかどうかわからないような信用できないもので、
この売り上げ高を達成することは不可能だと思いませんか?
 
 
これって、じわじわとした効果が実感できていることが、
日本中でじわじわ広まっている証拠だと思いませんか?
 

 
 
また、近年の健康志向、健康ブームも手伝って人気に拍車がかかっているのです。
 
 
また、
有名人にも青汁を愛飲している人は多く、
美のカリスマ的存在のタレントである杉本彩さんは、
ご自身のブログに「青汁のおかげで体質改善、花粉症も克服」と書かれています。

 
そのほかにも、人気モデルの梨花さんや加藤夏希さんやgenkingさん、ぺこさんをはじめ、綺麗、美の情報に敏感な人達が、ブログやインタビューで青汁を飲んでいることを公言されています。
 
 

スポーツ選手では、ダルビッシュ有投手が青汁好きであることもよく知られています。

 

 
美しさへの努力を惜しまない女性、
体のケアを怠らないアスリートはもちろんですが、
 
 
健康を意識する人たちにとって、
青汁パワーはとても頼もしい存在なのです。
 
 
手軽に栄養を摂りいれることができる青汁を、飲んでもまったく効果がない、無意味だと言い切れますか?
 
青汁を飲んでいても、まったく効果を感じられないという方は意外と健康体であることも多いようです…。
 
 

青汁ってどんなものなの?

 
青汁はもともと栄養価の高い緑黄色野菜を絞った汁のことを言っていましたが、
現在では、素材を乾燥させて粉末状にし、水やお湯、または牛乳などに溶かして飲むもの一般的ですが、なかには錠剤タイプ生の青汁を急速冷凍したタイプ、フリーズドライのタイプまであります。

 

 

いろいろな種類の青汁

粉末タイプ

錠剤タイプ

生タイプ

フリーズドライタイプ

項目1

項目2

項目3

項目4

 

 

青汁には、ビタミン、ミネラルをはじめ、
私達の体に必要不可欠な栄養素がたっぷりと入っています。
 
 

 

また、不足しがちな野菜の栄養素を、持ち運べて、
いつでも手軽に補給できるのが青汁の良いところです。

 

 

 

 

「まずい」というイメージは昔のことで、
今販売されている青汁は、
美味しく飲めるようにかなり工夫されていて
小さなお子さんからお年寄りまで、
誰でも口にすることが出来る飲みやすさになっています。

 

 

 

 

れでも、青汁の青臭いにおいがちょっとでもあるとダメな方もいらっしゃると思います。
 
そこで当サイトでは、飲みやすいを基準にしたそれぞれの目的、効果別にランキング形式で選んでいます。
 
ただ、個人個人の好みもありますので、あとはあなた自身が飲んでみて試していただくほかはありません。
 

 

いろいろな種類の青汁、期待できる効果

 
青汁の素材は、ケール、大麦若葉、明日葉、桑の葉などさまざまで、おおよそ共通するのは、食物繊維、ビタミン、カルシウム、カリウム、リンなどのミネラル類が豊富で、美容と健康にとても良いことですが、その素材ならではの特色もあります。
 
ただ最近の青汁は、1つの主原料だけにしぼったものは少なく、メーカーさんでそれぞれ独自の原材料をブレンドしたものが主流になっています。
 
青汁商品のパッケージ裏の材料表をを見るとわかるのですが、1番目に来る原材料が主原料として作られています。
 
青汁の主要3大原料のうちで個人的に美味しいと感じるのは、大麦若葉⇒明日葉⇒ケールの順番になります。
 
おそらくほとんどの方が、この傾向になると思われます。
 

 

青汁の主要3大材料

 
青汁の主要材料の中で代表的なものをあげてみます。
 

ケール
一昔前の青汁と言えば、ケールが主原料のものがほとんどでした。
青臭さはそのほかの主原料に比べて、ダントツです。
ただし、ケールは酸化力を持っていて、睡眠の質を高めるメラトニン、血液の流れを正常な状態に保つイソチオシアネートを含有します。
キャベツの原種であるケールは、普段の健康維持にかかせないスーパー野菜として、昔からある青汁の主原料として有名な野菜です。
 
−ご年配の方の毎日の健康維持として親しみやすい青汁です−
 

 

 

 

 

大麦若葉
大麦若葉は、ここ最近のおいしい青汁ブームの火付け役といっても過言ではありません。
最近の青汁の主原料の中でも一番の主役でもある大麦若葉は、香ばしくておいしいのに栄養価も抜群で、成分の一つであるSOD酵素は、細胞の老化に影響を与える活性酸素を除去し、美肌づくりに有効です。
アンチエイジング効果を期待するなら、大麦若葉の入った青汁がおすすめです。
 
−年齢を問わず健康維持、アンチエイジング、美容に気を使いたい方向けの青汁です−
 

 

 


明日葉

特有成分のカルコンが、体の代謝を促して、血液をサラサラにしてくれます。

また、体から老廃物を排出してくれ、むくみや便秘も解消してくれるデトックス効果の高い明日葉です。
青汁主要3大材料の中でも、栄養価や食物繊維の量が一番豊富でもあります。

若い女性からの人気も急上昇している素材です。
 
−便秘解消、ダイエット、むくみ解消を目的とした女性向けの青汁です−

 

※近年の明日葉研究の結果により、明日葉に含まれる成分にはいろいろな作用が発見されています。

 

詳しくは明日葉の研究結果のページへ≫
 
 

 

 

 

 

桑の葉
デオキシノジリマイシン(DNJ)が血糖値の上昇を抑えてくれます。
また、肥満予防やデトックス効果も期待できます。
桑の葉を使った青汁は、おいしく飲みやすいです。
どちらかというと青汁というよりも、お茶のような飲み物になります。
 
 
 
その他、藍やクマザサ、ブロッコリー、モロヘイヤ、モリンガなどなどいろいろな種類のスーパー野菜、薬草を使った青汁も登場しています。
 
※日本古来の薬膳植物である「藍」の研究結果はこちら≫
 
素材を一種類だけ使ったものや、数種類をブレンドしたものなど、それぞれに特色を打ち出した青汁が発売されています。
 
 

健康を脅かす現代人の生活

 


 
 
私達の生活を振り返ってみてみると、
不規則な生活、ストレス、運動不足、睡眠不足、飲み過ぎ、食べ過ぎ、偏食…などさまざまな要因によって
私達の健康は脅かされています。

 

 

また、美容にとっても同様のことが言えます。
 
 
 
 

青汁の効果を期待するよりも、食生活が基本だと考える

 
体のコンディションに直結しているのは、実は食生活なのです。
 
ころが、忙しいから面倒だからと、ついついインスタント食品レトルト食品
コンビニ弁当で済ませたり、外食が増えたりしてしまいます。

 

 
また、お肉中心で高タンパク質高カロリーの食事傾向も気になるところなのですが、
特に注意が必要なのは栄養の偏りと、野菜の摂取不足です。
 
 
 

野菜不足を補ってくれる青汁

 
ビタミン、ミネラル、食物繊維をたくさん含む野菜は、心臓病や脳卒中といった生活習慣病を予防して、からだの機能そのものを整えると言われています。
 
 
 

現代人は野菜を毎日350g以上食べるのは難しい…

 
 

厚生労働省では、健康な生活を維持するため、
成人が一日に野菜を摂取する目標を350g以上としています。
 
れは、野菜のおかずなら、小皿で5皿分くらいなのですが、
毎日毎日この量を食べることは結構大変なことです。

 
また、実際に摂取できている量は、男性も女性も目標値以下で
特に20〜40歳代は、目標数値よりも100gも少ないそうです。
 
 
ほうれん草のおひたしの小鉢に換算して、2鉢分ほど不足していることになります。
 
 

 
こうした野菜不足を手軽に、
しかもしっかりと補ってくれるのが青汁です。
 
 
調理時に茹でると失われがちなビタミンやミネラルを、
青汁ならば、生の野菜の栄養成分はそのままです。
 
 
1日にコップ1杯の青汁で、
不足している栄養素は充分に補えます。
 
 
だし、青汁さえ飲めば野菜なんて食べなくてOKなどという考えは危険ですので、しっかり野菜も食べる習慣をつけましょう。
 
 

ここで青汁の効果、メリット、デメリットを再チェック!

 
ここで再チェック
 
青汁に期待される効果、働きは?
 
 
 

青汁の健康面での効果、メリットは?

 
@体質改善
A免疫力向上作用
B血液サラサラ作用
C抗酸化作用
Dダイオキシンなどの有害物質を体から排出

 
 

青汁の美容面での効果、メリットは?

 
@お肌のトラブル予防と解消
Aダイエットの補助
B便秘解消
 
 
青汁は、なんといっても薬のような副作用がありません。
 
※一部の方は青汁を飲むと健康を害すことがあります。
※くわしくはこのような方に特に青汁をおすすめのページへ≫
 
 

青汁のデメリットは? 

@薬のような即効性はないこと
A費用がかかること
 
ぐらいしか見当たりません…
 
 
 
 
 

ライフスタイルや効果別、目的別で飲み方は自由自在

 

青汁は、飲み続けることで、からだの内側から元気にしてくれ、病気予防や健康維持はもちろんですが、美容にもその威力を発揮してくれます。
 
んといっても青汁は手軽に飲めるので、野菜嫌いなお子さんにも最適で、飲み物に入れたり、牛乳や豆乳で割ったり、大人だったらお酒で割っても良いです。
 
 

      

 
 
 
た、料理にも使えるので、「青汁を飲むのは苦手」という方でも手軽に摂ることが出来ます。

     

 
 
 
娠中の栄養補給に飲んでいる女性もいらっしゃいますし、野菜不足になりがちな海外旅行にも欠かせない旅もお供としている方もいらっしゃいます。
 

      

 

 

 
このように、みなさん自分流で青汁を生活に取り入れられています。
 
 


 
市場には、たくさんの青汁商品が登場していますが、
漠然と健康にいいからというだけでなく、
血糖値を下げたい、美肌づくりのために、
ダイエット中だからなど、
具体的な目的や用途に合わせて、
青汁を選ぶ時代になってきているのではないでしょうか?
 
 
 

というわけで、
 
 みやすい=続けやすい青汁はこの3つです。

 

 

 
 


 
トップページ 青汁効果別人気商品 青汁Q&A 青汁のあれこれ