藍の青汁のすごさ

藍のここがすごい!

 
みなさん藍(あい)についての知識は、日本古来からある『藍染め』くらいしかないと思います。
 
 
 

日本古来の薬草「藍」の効果とは?

 
実はこの『藍』は、
食べることができるんです!
 
しかも、
昔から薬草として日本では重宝されてきた歴史があるんです!
 
 
 
日本にある藍は、蓼藍(たであい)というタデ科の植物から藍染めの藍が作られています。
 

 

 

藍染めに使われる染料は、蓼藍の葉を刈り取って、刻み、乾燥発酵など数々の工程をへてスクモと呼ばれる染料にします。

 
 
藍染め職人は近年数が激減して貴重なものではありますが、はるか昔に中国から渡来したものが藍染めの原料として日本でも栽培したものが、自然に自生するようになり一般的に見られるようになったようです。
 
 
 
インディゴと似ていますが、インディゴははインド藍で作られる染料です。
 

 

 

日本の藍で染められるきれいな青は、海外ではジャパンブルーとも言われています。
 
 

 

藍は食べることができて、

 

日本古来から利用されているスーパー薬草です。

 

 

 

近年の研究で藍の効果効能の中に、

抗炎症効果

 

抗菌効果

 

抗酸化効果

 
などの非常に高い効果あることがわかってきました。
 
 
そんなスーパー野菜である『藍』の効果とはいったいどんなもので、
どのくらいすごいのでしょうか?
 
 
 
 
 

藍の青汁のすごさ記事一覧

藍の成分のここがすごい!

昔からの言い伝えで、藍で染めた下着は冷え性やあせもや肌荒れに効果があるといものがあります。江戸時代の話では、藍で染められた衣服は藍で染められた部分だけが虫に食われないといったこともあり、高価な着物などは藍染めの風呂敷で包むといった習慣があったようです。また、水虫に効果があった、マムシが寄ってこないな...

≫続きを読む

 

 
トップページ 青汁効果別人気商品 青汁Q&A 青汁のあれこれ