今現在の野菜では栄養素が十分に摂れないというのはウソ?

今現在の野菜では栄養素が十分に摂れないというのはウソ?

 
現代の野菜は、十分な栄養素が摂れないという話があります。
 
その根拠としては、過去と現在の食品成分表を比較すると、野菜の栄養素が昔に比べて激減、半減している。
というものです。

 

どこかの新聞記事で、最新の食品成分表と50年前の食品成分表では、ほうれん草に含まれるビタミンCが半減していると書かれていたのを見たことがあります。
 
 

特にサプリメントメーカーなどでは、ここのところを打ち出して自社製品を売るために「普通に野菜を食べていても栄養素が不足している」ので、これを飲んで栄養を補給しましょう的な主張が見え隠れしています。
 
でも本当にそうなのでしょうか?
 

 
 

現代の野菜が栄養不足というのはウソ? 


 
実際は、今現在の野菜では、十分な栄養素が摂れないというのは適切な表現ではありません。
 
どうしてなのか?
 
その理由は2つあります。

 

 
 

昔と今では成分の測定方法が違う

 
1つ目は、50年前と今現在では、栄養素の測定方法が違うということです。
 
50年前当時の滴定法と今現在のHPLC法では分析法の制度が全く違っていて、今の測定法は当時の測定法と比較すると、数値が少なく出る傾向があります。
 

 
だから、
違う測定方法の昔のデータと今現在のデータを比較するのは無理があります
 
 
 
 
無理どころか単純に比較してしまうと、事実を見誤ってしまうことになりかねません。
 
 

 
 

旬の野菜と旬ではない野菜は栄養価が全然違う

 
 
2つ目は、旬の野菜と旬ではない野菜の栄養価の違いを完全に無視していることです。
 
昔は、野菜と言えば旬のものしか手に入りませんでした。
 
でも今では、ハウス栽培のおかげで旬でない野菜までもが1年中スーパーなどで出回っていて、私たちが簡単に手に入れることができるものが多いと思います。
 
 


当然ですが、旬ではない野菜は栄養価が旬のものに比べてグッと下がります。
 
 
食品成分表にはそのデータを平準化した数値で載せてしまうため、現在の食品成分表では栄養価が低めに表示されてしまうということになります。
 

 
 
ただ、農薬や化学肥料の影響で土壌がやせてしまったり、食べやすく美味しい野菜を作るために品種改良がなされた結果として、今現在の野菜の栄養価が減少傾向にあることは確かにあります。
 
 
でもだからといって、
今現在の野菜の栄養価が少ない=サプリメントだけに頼るというのは危険です。
 
 
 

野菜の旬を見極めよう

 
 
サプリメントや健康食品のようなものだけに頼ったりするのではなく、旬の野菜を見極める知識を持つ必要があります。
 
最近は、年中問わずいろいろな野菜がきれいにパッケージされてスーパーに出回っていて、旬のものがわかりにくい状況ではありますが、八百屋さんと仲良くなっていろいろ教えてもらうというのも手だと思います。
 
ちょっと足を延ばせば、野菜の直売所などに行けると思います。
 

 
 
そういった場所で簡単に情報を得ることはできると思います。

 
旬の野菜は供給量が多いので、価格が安くなっていることが多く、からだにも財布にもやさしい存在でもあります。

 
 
 

関連ページ

青汁は○○の効果があると言えない理由
青汁は健康食品です。 薬事法で効果をうたうことは禁止されています。 では効果はないのか?を探ります。
現代病の犯人は活性酸素?
現代の食生活、環境の変化に伴う病気の原因は活性酸素がかかわっていることが多いと言われています。SODを含む青汁をどんどん体に摂り入れましょう。
現代人は栄養不足ってほんとなの?
現代人は栄養不足ってほんとでしょうか?栄養バランスの方より、ライフスタイルの問題。いろいろな原因があります。
青汁や野菜成分の抗酸化作用の仕組みとプロセス
アンチエイジングに有効な青汁や野菜成分の抗酸化作用の仕組みとプロセス
青汁を健康な体づくりの補助食品として考える
青汁を健康な体づくりの補助食品として考える基本的な考え方です。
老化のメカ二ズム
老化にまつわる情報をお伝えします。
青汁の比較サイトの利用方法
青汁の比較サイトは、こんなふうに利用してみるとよいですよ。
青汁をコストパフォーマンスで考えると
ひとえに青汁といっても、いろいろな価格で売られています。 できればコストパフォーマンスが良いものを選びたいですね。
子供にはジュースよりも青汁がいちばん
子供のからだと将来を考えるのなら、清涼飲料水よりも青汁を飲ませてあげましょう。
青汁は、自分に合ったものを見つけることが先決
青汁は、目的別、効果別のほかにも、まず自分に合ったものを見つけることが先決です!
青汁の上手で効果的な摂取方法
青汁の上手で効果的な摂取方法は、毎日の青汁生活を続けていく中で非常に大事な要素になります。
青汁棒寒天を作って見たけど激マズだった
青汁をあきずにからだに取り入れたいと考えた結果、青汁を使った料理をつくりことに挑戦しました。 そんななかでの失敗談です。
ビタミンCが必要な理由。
人間にビタミンCが必要な理由は。。。
3ヶ月で人のからだは生まれ変わる。
代謝で入れ替わるのに3ヶ月、青汁の効果が出るのに3ヶ月かかると言われています。
青汁はこのような方に特におすすめです。
青汁は、特にこんな方におすすめです。
青汁の間違った飲み方は効果が半減します。
青汁は、いろいろな飲み方が出来る便利な飲み物ですが、実は効果が悪くなる飲み方もあります。
青汁を美味しくない人と感じる人は何をやっても無駄。
青汁は、昨今飲みやすくなっていますが、どうしてもダメな方は、無理して飲まない方がよいです。
青汁の裏ワザ的飲み方をまとめてご紹介。
青汁のいろいろな飲み方、便利な利用の仕方を紹介します。
青汁の歴史。
青汁の発祥の地、歴史について調べてみました。結構昔からあるスーパードリンクだということがわかります。

 
トップページ 青汁効果別人気商品 青汁Q&A 青汁のあれこれ