青汁の歴史

青汁の歴史

 
青汁の歴史についてですが我が国では平安時代の医学書である「医心方」にも(野菜のしぼり方)という記述があることから古くより用いられていた事がわかります。
 
 
また、江戸時代までは主流であった漢方医学に用いる多くの薬も植物が人体にもたらす効果を期待したものですから呼び方はともかく、
野菜をしぼって飲むという行為は世界的に見れば文明の誕生の時から行われていたのものなのではないでしょうか?
 
 
平安時代にまでさかのぼらなくても、
九州地方に戦前より青汁を飲む習慣があったという記録がありますが、青菜に限定しないのであれば東京生まれの私でさえ、祖母が作ってくれたヨモギをしぼったもの、ドクダミをしぼったものなどをアレンジした飲料を飲んだ記憶がありますから歴史の表舞台に出てこない独特の青汁が各地に存在していたかもしれませんね?
 
 
 

きっかけは戦前戦後

 
この様な青汁ですが表舞台に登場するようになったきっかけは1940年代の戦前・戦後、大変な食糧難の時代にさかのぼります。
 
 
健康飲料としての青汁の効果を発見したとされるのは岡山県倉敷市の遠藤博士だと言われています。
 
 
博士は飢えをしのぐために当時でも食用とは見なされなかった大根の葉やにんじんの葉などを用いて青汁を作り、それを常用したところ体調が良くなってきたことから研究を続けられました。
 
 
少し前までは、どこでも主原料としていたケールを青汁に取り入れたのも昭和29年のことですから現在私達が口にするような青汁が誕生してからは今年で60年ということですね!
 
 
今では青汁の創始者、考案者といえば遠藤博士というのは業界の常識ですが、製造各社が改良を施し、更に飲みやすさを競い合って現代に至ります。
 

 
 
 

関連ページ

青汁は○○の効果があると言えない理由
青汁は健康食品です。 薬事法で効果をうたうことは禁止されています。 では効果はないのか?を探ります。
現代病の犯人は活性酸素?
現代の食生活、環境の変化に伴う病気の原因は活性酸素がかかわっていることが多いと言われています。SODを含む青汁をどんどん体に摂り入れましょう。
今現在の野菜では栄養素が十分に摂れないというのはウソ?
スーパーなどで売られている野菜ですが、実は栄養素が十分ではないということを聞いたことがあると思います。はたしてホントなのでしょうか?
現代人は栄養不足ってほんとなの?
現代人は栄養不足ってほんとでしょうか?栄養バランスの方より、ライフスタイルの問題。いろいろな原因があります。
青汁や野菜成分の抗酸化作用の仕組みとプロセス
アンチエイジングに有効な青汁や野菜成分の抗酸化作用の仕組みとプロセス
青汁を健康な体づくりの補助食品として考える
青汁を健康な体づくりの補助食品として考える基本的な考え方です。
老化のメカ二ズム
老化にまつわる情報をお伝えします。
青汁の比較サイトの利用方法
青汁の比較サイトは、こんなふうに利用してみるとよいですよ。
青汁をコストパフォーマンスで考えると
ひとえに青汁といっても、いろいろな価格で売られています。 できればコストパフォーマンスが良いものを選びたいですね。
子供にはジュースよりも青汁がいちばん
子供のからだと将来を考えるのなら、清涼飲料水よりも青汁を飲ませてあげましょう。
青汁は、自分に合ったものを見つけることが先決
青汁は、目的別、効果別のほかにも、まず自分に合ったものを見つけることが先決です!
青汁の上手で効果的な摂取方法
青汁の上手で効果的な摂取方法は、毎日の青汁生活を続けていく中で非常に大事な要素になります。
青汁棒寒天を作って見たけど激マズだった
青汁をあきずにからだに取り入れたいと考えた結果、青汁を使った料理をつくりことに挑戦しました。 そんななかでの失敗談です。
ビタミンCが必要な理由。
人間にビタミンCが必要な理由は。。。
3ヶ月で人のからだは生まれ変わる。
代謝で入れ替わるのに3ヶ月、青汁の効果が出るのに3ヶ月かかると言われています。
青汁はこのような方に特におすすめです。
青汁は、特にこんな方におすすめです。
青汁の間違った飲み方は効果が半減します。
青汁は、いろいろな飲み方が出来る便利な飲み物ですが、実は効果が悪くなる飲み方もあります。
青汁を美味しくない人と感じる人は何をやっても無駄。
青汁は、昨今飲みやすくなっていますが、どうしてもダメな方は、無理して飲まない方がよいです。
青汁の裏ワザ的飲み方をまとめてご紹介。
青汁のいろいろな飲み方、便利な利用の仕方を紹介します。

 
トップページ 青汁効果別人気商品 青汁Q&A 青汁のあれこれ